経営計画を作ろう

ホーム
上へ

お知らせ 事務所紹介 会員ページ トピックス解説 中小企業頑張れ
会計を理解しよう 税法を理解しよう 総務知識も知っておこう 弥生会計を活用しよう  
    データ書庫

お薦めサイト

HPご案内

経営計画を作ろう
 長期にわたる景気低迷、デフレ傾向や商品のライフサイクルがますます短くなっています。そうしか厳しい環境にあって、企業 は中長期にわたってどんな商品が生産・販売していけばいいのか、3年後の自社の業績やキャッシュフローの状況は見えなくなっていることも多いと思います。
 そうした視界不良の時代にあってはともすれば経営計画など立てても無意味とも考えやすいですが、逆説でも何でもないですが、そうした時代だからこそ経営計画は立てるべきです。


なぜ、経営計画が必要なのか

 経営計画を作成しようと言いますと、「将来の売上予想など立ててもそんなものは机上のプランに過ぎず、ほとんど役に立たない」「計画を作り、計画と実績との差異を計算しても、それで終わってしまうことが多く、使い物にならない」というような意見をよく聞きます。
 しかしながら、それでは経営計画を立てずに経営をしたら(これを成り行き経営といいます)したらどうでしょうか。景気が悪い時代において社長も社員も懸命に働いても納入価格は引き下げられる、取引量も減少するなどで「船底に穴が開いてどんどん水が流れ込んでくるなかで、必死に水を掻き出している」という状況に似た重たい圧迫感、焦燥感、また被害者意識に囚われてしまうのではないでしょうか。そして、そこには働くことによる誇り、達成感、充実感もないのではないでしょうか。

 企業が例えば3年後も継続して事業を続けられるために、それまでにいくらの借入金を返済しなければならないのか、そして、そのためにはどれぐらいのキャッシュフローと利益を生み出さなければならないのかはある程度、見えてくるはずです。そこで、見込まれたキャッシュフローと利益は今後3年間での最低限の基準値として、その企業が果たさなければならない「将来との約束」と言えると思います。
 そうした「将来の約束」という言葉を信じられるなら、その約束を果たすための手段として「将来になすべきこと」=経営計画が必要と考えられるのではないでしょうか。

horizontal rule