介護保険とは

ホーム
上へ

お知らせ 事務所紹介 会員ページ トピックス解説 中小企業頑張れ
会計を理解しよう 税法を理解しよう 総務知識も知っておこう 弥生会計を活用しよう  
    データ書庫

お薦めサイト

HPご案内

介護保険の基礎知識
 (1)介護保険の加入者
  介護保険の被保険者とは、介護保険の被保険者には2種類あります。ひとつは65歳以上の人で、これを第1号被保険者といいます。
  もうひとつは健康保険などの医療保険に加入する40歳以上65歳未満の人で、これを第2号被保険者といいます。

 (2)介護サービスを受けられる要件
  これらの被保険者は、一定の要件を満たすことで介護保険から介誰サービスを受けることができます。
  @第1号被保険者の場合:寝たきりなどにより、日常生活が困難で介護を必要と認められた場合に、介護サービスを受けることができます。
   A第2号被保険者の場合:ガンやリウマチなど、特定の病気によって日常生活が困難になり、介護が必要と認められた場合に介護サービスを受けることができます。
 

介護保険料の徴収対象者
 40歳になった月から徴収します。


介護保険料の納付方法
 (1)第1号被保険者の介護保険料
  特別徴収と普通徴収の2種類があります。
  @特別徴収
   年金から保険料を支払う方法で、毎月の年金から介護保険料が天引きされます。一定基準額の年金をもらっている被保険者が、特別徴収で介護保険料を支払うことになります。
   年額18万円以上の老齢(退職)年金を受給している65歳以上の人は、介護保険料が特別徴収になります。

   A普通徴収
   特別徴収に該当しない人、つまり一定基準額の年金をもらっていない人が、口座振替や保険料納付書で介護保険料を納付する方法です。

 (2)第2号被保険者の介護保険料
  健康保険などの医療保険料とともに納付します。たとえば、健康保険に加入している人であれば、健康保険料とあわせて納付します。国民健康保険に加入している人であれば、国民健康保険料とあわせて納付します。


介護サービスを受けるには
 市町村の職員などの調査や、医師の意見書などにより介護や支援が必要かどうかの認定がなされます。
 認定されると、介護保険のサービスが受けられます。介護サービスは介護が必要な度合いによってサービス内容が異なります。

 

horizontal rule