いかにして企業は儲けることができるか

ホーム
上へ

お知らせ 事務所紹介 会員ページ トピックス解説 中小企業頑張れ
会計を理解しよう 税法を理解しよう 総務知識も知っておこう 弥生会計を活用しよう  
    データ書庫

お薦めサイト

HPご案内

 企業等(中小企業・中堅企業向・創業企業・個人事業者)向けにいかにしたら儲ける糸口を見つけ、業績向上に向かっていけばいいかというセミナーを開催いたします。
企業がいかにしたら儲けられるか、その糸口を決算書などの会計データを深掘りすることにより、発見していくか。
 また、コストはコスト一本で見たら意思決定を誤ることになり、コストを変動費と固定費に分けることがいかに重要で、様々な施策を練る場合の最初の一歩になるかなどをお話ししていきます。

 もし、ご興味がございましたらご参加を検討ください。
 

いかにして企業は儲けることができるかセミナー
 日時:平成29年 3月16日(木) 10:00から17:00まで
             3月 28日(火) 10:00から17:00まで

 場所:青山公認会計士事務所(「地図」)
      (東京都荒川区西日暮里5-14-10サンライズビル4階、JR・東京メトロ西日暮里駅より徒歩約1分)
             吉野家が入っているビルの4階です。


【セミナー受講対象者】
  中堅・中小企業・創業企業の経営者等、個人事業者、その他セミナー内容に興味がある方


【セミナー講師】
 青山恒夫(公認会計士、税理士、ITコーディネータ)


【セミナー内容】

1.管理会計と財務会計
 ・管理会計と財務会計との違い
 ・管理会計で扱うデータの特徴
 ・管理会計の基本的な考え方

2。原価とは
 ・原価は変動費と固定費に区分される
 ・変動費の管理
 ・固定費の管理
 ・受注価格決定の考え方

3。損益分岐点分析の活用
 ・損益分岐点分析とは
 ・損益分岐点分析の活用法
 ・固定費型企業と変動費型企業とは
 ・値引きの有効性

4。セグメント分析
 ・セグメントとは
 ・セグメント分析の活用
 得意先、商品セグメントの分析

5。キャッシュフロー計算書
 ・キャッシュフロー計算書とは
 ・キャッシュフローと利益の違い
 ・キャッシュフローを意識した経営
 ・キャッシュフロー改善のしかた

6。経営分析の手法
 ・経営分析で何をするのか
 ・経営分析の手法
 ・経営分析指標


【受講料】
 21,600円(税込み)、昼食のご用意はございません。
 申込と同時に無料会員に申し込まれた方については受講料を10%割引といたします。

 
また、テキストを参加者が印刷しお持ちになる場合には同じく10%割引します。


【セミナー参加者への特典】

 ・セミナー内容は時間に比べて盛りだくさんとなりますので、セミナー終了後でもメールでご質問にお答えします。
 ・ご希望されるなら御社もしくは当事務所での個別面談を無料で行います。

 

【申込方法】
 1.下記の事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
  受講されるセミナー名:
  お名前:
  会社名:
  所属部課名:
  会社所在地:
  電話番号:
  その他:(複数人の申込みなど)

2.申込のメールを頂きましたら、折り返し、受講料のお支払連絡メールをお送りいたします。

3.受講料をお支払いいただきお申し込みは完了です。
  ご希望により請求書または領収書のどちらかを発行いたします。
  受講券は発行いたしません。

4.申込みメールの宛先は「こちら」です。
  もしくは「tsuneo@aoyamaoffice.com」までお願いします。

 

          その他、ご質問があれば上記のメールアドレスまでお願いいたします。
 

horizontal rule